有限会社タケリ・プラン(看板標識製作業|富士市)TEL:0545-73-1707【なび静岡】

なびシリーズで店舗を宣伝しませんか。
なび静岡 >  静岡県 看板標識製作業 >  富士市 >  厚原 >  有限会社タケリ・プラン

所属カテゴリ静岡県富士市の看板標識製作業を見る。

有限会社タケリ・プラン

0545-73-1707

〒419-0201 静岡県富士市厚原56−3

営業時間 : 午前8:30〜午後17:30『17:30過ぎても営業しています』定休日:日曜日

※営業時間や定休日は変わる可能性があります。

業種ランキング:看板標識製作業

有限会社タケリ・プランの店舗情報

内容を編集

地図

   地図写真ストリート

紹介文

特徴など 企画を提供し、施工/納品した時のお客様の“笑顔”が、なによりの喜びです。
そして、お客様からお客様へと広がってゆくコミュニケーションの“輪”を、大切にして いきたいと考えています。
お客様の“Smile”は、私たちの“Happy”企画から施工まで一貫して行っております。
企画・デザインによるご提案、自社のカッティングマシーンやインクジェットプリンターによる出力、自社工場による加工、製作、塗装、組立などを行い施工・納品 施工・納品後のメンテナンス・サポートまで行います。
新規で事業を立ち上げる方はもちろん、現存の看板のリフォーム・リニューアル、その他、お客様のニーズに合った看板をお作りしています。 看板に関することなら何でもご相談下さい。
写真 事業所 - 店舗の紹介は店舗情報変更から足す事が出来ます。

基本情報

会社名・店名 有限会社タケリ・プラン
住所 〒419-0201静岡県富士市厚原56−3

シズオカケン フジシ アツハラ

最寄駅 入山瀬駅(0.6km)
駐車場
営業時間 午前8:30〜午後17:30『17:30過ぎても営業しています』定休日:日曜日
電話 0545-73-1707
ホームページ http://www.takeri.co.jp
http://www.takeri.co.jp(携帯用)
http://www.takeri.co.jp(スマホ用)
メールアドレス mac@takeri.co.jp

グーグルストリートビュー

ストリートビュー ストリートビューは店舗情報変更から足す事が出来ます。
インドアビュー インドアビューは店舗情報変更から足すことが出来ます。

※店舗情報変更はこちらから変更していただけます。

店舗情報変更

もしくは 新規登録削除受付

スポンサードリンク

ご注意ください下記情報は、上記事業者とは関係ありません。関連他社のご近所サーチ結果です。

近くの関連他社

業種別アクセスランキング

なびニュース - 中部地域版 愛知・静岡・山梨・長野・岐阜・新潟・富山・石川・福井

なびニュース - 中部

こんにちわ 特派員しげです。

意外な数字を見つけました。
水辺の事故で毎年どれだけの命が失われているかご存知ですか?

15歳以下のこどもが「年間50人」に対し、
大人は「年間650人」が亡くなっています。
そうです、水辺の事故は大人の方が圧倒的に多いのです!

原因は大人のライフジャケット未着用にあるようです。

水難救助のプロも川に入る時はライフジャケットをつけています。
ライフジャケットの装備はもっとも原則的な安全管理で、もっとも絶対的な必須要件です。

先日このような事故がおこってしまいました。

22日午後、三重県松阪市の櫛田川で、川遊びに来ていた63歳の男性が溺れ死亡しました。
22日午後2時すぎ、松阪市飯南町の櫛田川で松阪市の63歳の男性が川底で沈んでいると、
一緒に遊びに来ていた知人男性から通報がありました。
男性は駆け付けた救助隊員によって引き上げられましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。
警察などによりますとその男性は、川遊びをしていた知人男性の子供2人が流されたことから、救助するために川に入ったということです。
子供2人はライフジャケットを着用していて、岸に流れ着き、ケガはありませんでした。

何とも言いようのない事故です。

ライフジャケットは、シートベルトと同じくらい必要なものです。
それは大人も子供も同じなのです。

大人の皆さん、川遊び、海遊び、その他水辺で遊ぶ時は、絶対ライフジャケット着用ですよ!
溺れるのは大人ですよ!

特派員 2017年7月24日


キーワード検索

なびシリーズからのお知らせ!

大規模プログラムトラブルによりご迷惑をお掛けしております。なびシリーズはまだ機能制限がございます。

  • 新規登録・変更・削除受付可能です

なびシリーズ復帰状況
2017/06/29

お時間を頂戴していますが鋭意開発中!

参院予算委員会 役者が全部揃っている ≪加計学園問題 安倍総理出席≫ 参議院~平成29年7月25日 予算委員会閉会中審査~


上記のビデオは大手新聞、テレビでは一切放送しません。
もし加計問題で安倍政権が倒れるようであれば、 これは完全なメディアクーデターで有り、
日本民主主義の危機です。

メディアが情報操作をし世論形成をする事で政治が変わるようで有れば、
最大の権力者はメディアになります。
国民は投票によって権利を行使する。新聞社に国民は投票はしていません。
特に大手新聞社の偏向は本当にひどい。
健全な民主主義になるよう、若い人々に明るい未来が見られるよう
黙るのでは無く声はあげるべきです。ちなみに私は先進的リベラルです。
特派員 2017年7月25日